カテゴリ:diary( 13 )

昭和記念公園

今日、昭和記念公園に遊びに行きました。

これまで、二度ほど、夏の花火大会のときに行きましたが、
日中に入園料を払って、足を運ぶのは今回が初めてです。

春の花が見頃を迎えていて、
目下の趣味である写真撮影のよい対象になるのでは、
という期待がありました。

チューリップは時期が過ぎてしまっていましたが、
ポピーは、ちょうど満開ちょい過ぎくらいで、
一面の鮮やかな光景に目が癒されました。

さて、肝心の写真の方は、
春風とは呼べない力強く、涼しい風のせいで、
花びらがゆらゆらと絶えず動いてしまって、
「手振れ」続発★困難を極めました。

園内には、サイクリングロードがあって、
面白い自転車も貸し出していたので、
次回は、レンタサイクルしてみようかと思います。

<今日の一枚>

b0035184_238418.jpg

道端の花

[PR]
by oka-nari | 2005-05-02 02:40 | diary

酸っぱい…

事情があって、バイト先の飲食店が一週間ほど臨時休業してました。

しかし、今日は復帰初日ということで、
バイト生としても燃え盛る勤労意欲を顕わにしつつ、仕事に入りました。


本日の収穫は、「時」というものは本当に恐ろしいものだということ。

蓄えてあった食材の味見を半ば強引にさせられ、
口に入れてみると、酸味で自然と唾液が出てきてしまいました★

「うん、酸っぱい」

食材にとって、7日間とは致命的な「時」の長さだったようです。

結局、食材の殆どを廃棄することになり、お陰で仕事量も倍増し、
繁忙時間帯を過ぎても、まだ準備に追われて、あたふたしっぱなしの一日でした。



帰宅する途中に、新居の便座カバーを100円ショップで買おうと思って、
「O型」か「U型」か悩んだ挙句、「O型」を購入したのですが、
いざセットしようと、便器へ目をやると、そこには紛れもなく「U型」のフォルムが(汗

「いや、これはまずいだろ」

最後は無理やり、便座にはめこんで、何とか頑張りました。これも自己満足。

<今日の一枚>


b0035184_0222447.jpg

国立にて

[PR]
by oka-nari | 2005-05-01 00:28 | diary

帰省&帰京

24日~28日にかけて故郷・鹿児島に帰省してました。

来春から鉄道員だということで、
東京~鹿児島間を新幹線(含む特急)で横断してみました。

今から、愛社精神を培っても仕方がないんですけど、
最近、鉄道フェチ化が進行してることだけは確かです。

だいたい、1500キロを7時間で走行したので、平均時速215キロぐらいでしょうか。

でも、7時間も椅子に座りっぱなしだというのは、流石にきつかった★
「のぞみ」なんて博多まで5時間も、同じ姿勢だったし、腹が減って死にそうだった。


東京では、九州新幹線なんて…と思われがちですが、
九州新幹線の功績は偉大だと今回の旅で感じました。

だって、鹿児島から八代まで40分なんて、まじ有り得ないから。ほんとに。


帰京時は、先日のJR福知山線の事故の後でしたが、
山陽新幹線も少なからず影響を受けていたのではないかと感じました。
というのは、小倉付近の徐行運転で遅れが生じたけれど、
結局、挽回することもなく、7分遅れで東京に着いたので。

ただ、遺族の方の言葉が心に残りました。

「1分2分遅れたって、ごめんなさいでいいじゃない」

新大阪が近づくにつれて、車両内では件の話題がちらほら起き、
かくいう自分も、心中は事故のことで一杯でした。

犠牲と方々なったのご冥福を祈ります。

<今日の一枚>

b0035184_211376.jpg

春の桜@国立

[PR]
by oka-nari | 2005-04-30 02:22 | diary

再開なのか・・・・?

半年前に、ちょっとだけ始めてみたブログ。
何故かマイパソが危篤状態になったため、放置プレイしてました★

簡単に病状を説明すると、
「ネットに接続できない」
「ワードを開いた途端にフリーズ」
といった具合です。

・・・まぁ、無事に就職活動も終わって、これから激・暇人なので、
大学のPCルームでブログという駄文をツラツラ書き綴るのもよいかな~
と、考えたわけです。

そんなわけで見てる人がいなくても自己マンですから大丈夫!(笑)

ちなみに、
来春より、九州で車掌とか駅員になります☆ビバ・鉄道員ですな。
[PR]
by oka-nari | 2005-04-21 15:29 | diary

アメフト

今日は、大井競馬場の近所でクリムゾンの試合を観戦しましたー。
とりあえず、画像をアップしといて、テキストは後回し。ちょっと忙しい。
b0035184_12141539.jpg
b0035184_12143322.jpg
b0035184_12145674.jpg

[PR]
by oka-nari | 2004-10-17 12:00 | diary

Mt. FUJI

今日は待ちかねた気持ちのよい秋晴れでした。うん、爽快だった。

と、いうのも今年は…
十月になっても台風が来るし、秋雨前線は停滞するし、クマは出没するし、
「運動会シーズンって、こんな季候だったかしら」と首を傾げてみたりだったので。

でもでも、今日ばかりはわが「緑と清流の街・日野」でも富士山を望むことができました!
これはもう、「干天の慈雨」の逆バージョンという訳です。

せっかくの昼下がりの大半を、狭く暑苦しいゼミ教室で過ごしてしまったので、
学生寮に帰宅したら、3Fの自室の対面にある非常階段を屋上へと上って、
日野と夕焼けと富士山をモチーフに撮影しまくりました。まぁ、そのまんまなんですけど。
b0035184_333336.jpg

日野の夕暮れ。遠方に富士山のシルエット
日野にもクマが出てこないかなぁ。少し期待

[PR]
by oka-nari | 2004-10-15 22:52 | diary

MAMMA MIA!

10月13日(水)…
劇団四季「マンマ・ミーア!」を電通四季劇場[海]にて観劇しました。
創立50周年記念公演とのことでしたが、
劇団四季も、ミュージカルも、汐留シオサイトも何から何まではじめてづくしで、
顔は睡眠不足で瞼が重たかったんですが、心の内はドキドキどきどきしていました。

中央線に揺られること一時間…。
ようやく汐留に着くと、すでに日は暮れ、道行くリーマンは帰宅モードでしたが、
高層ビル群の光が夜空に皓々と明るく清潔でとても綺麗でした。

劇場の前で、同行の先輩からチケットを手渡されてビックリ。
なんと、1階の3列目ではありませんか!!
そして、入場してマイシートを確認すると、
早くもその「驚き」は私に感激と興奮の連鎖反応を引き起こしました!
私たちの座席はなんとなんと最前列&ど真ん中だったのです!!

これはもう、滅多にないどころか、下手すると二度とない機会だと思いました。
予約をしてくださった先輩方には、この場を借りて重ねて御礼申し上げます☆

舞台の性格はなかなかコミカル路線で、時にきわどい台詞も交じってましたが、
母娘の愛情がふんだんに込められた物語展開で全体的に好感が持てました。
舞台設定も日差し明るい地中海の孤島で、人々の陽気さが直に伝わってきそうでした。
そして、何よりABBAの曲が良かった!(実は知ったか:汗)

若手団員の演じる主人公らの世代と、キャリアの長い団員の演じる母親らのそれが、
とても調和の取れた平等感ともいうべきバランスを保っており、自然な印象を受けました。
あと、当然なんですが、キャストの皆さんの声量と声質には驚きました。ドナとか。
女性キャストは細いラインで華奢な姿からは、
とても想像できない様な力強い歌声でただただ感心。ドナとか。
男性キャストは割れた腹筋に脱帽。修行してきます。

終盤のストーリー展開が尻すぼみしてしまった様に思えたのが少し残念。
でも、それはもっともっと物語を膨らまして、ソフィのこれからを見てみたい、
このままずっと「終わり」が来ないようにと願っていた私自身の所為だと思います。

b0035184_21291762.jpg

おなじみの宣伝看板@シオサイト前

b0035184_2129388.jpg

電通四季劇場「海」のロゴ

b0035184_21294855.jpg

感激したチケットの詳細。座席の位置を見よ!
予約してくれたバイト先の先輩姉妹に多謝☆

[PR]
by oka-nari | 2004-10-14 21:40 | diary

台風接近

ふと気が付いてみると、どうやら台風22号が接近しつつあるようです。

今年はすでに観測史上、最多の7個の台風が日本列島に上陸していて、
このままだと記録が更新されそうです。

台風については色々な思い出があります。

小学校2年生から4年生までの3年間、
私は奄美大島の名瀬市に住んでいました。

奄美小学校は、児童生徒数が1000人を超えるマンモス学校で、
なんと、小学校に裏山があって児童に開放されていたりしました。
この小学校については、また機会を改めてお話しましょう。

俗に「りんご台風」と呼ばれた台風19号は、奄美大島にも甚大な被害をもたらしました。
だいたい、9月半ばの19~21号が大型台風だというのは定説です。

まず、痛烈に記憶しているのは、
台風前夜のスーパーに買出しに行ったら、食料品がスッカラカンになっていたこと。
特に、牛乳が瞬く間に陳列棚から姿を消していたはずだったと思います。

今から15年も前の話ですから、島にはまだコンビ二はもちろん、
当時、子どもたちに人気だったカードダスの機械もなかったほどです。
近所のスーパーに初めてUFOキャッチャーがやってきたのもこの頃だったりします。

私の自宅だった名瀬市真名津町の県営住宅もダメージを受けました。

さて、案の定、その夜はあっさり停電してしまいました。
天井から懐中電灯を吊るして、なんとか闇中からわが身を救いました。
子どもにとって、真っ暗闇というのは本当に怖いものです。泣きそうでした★
アパートの上の住人は父の後輩で、自宅に招いて一緒に夕ご飯を食べました。

夜中のうちにプッツリと断水もしてしまいましたが、
あらかじめ浴槽一杯に水道水を張っておいたので、事なきを得ました。

なんとも不便な生活がしばらく続きましたが、
まるで冒険をしているようで、子どもらしく心躍ったのが「台風の日」でした。

ちなみに私は台風が接近するたびに、「台風がお昼に来ますように」とか、
「学校が休みになりますように」とか祈りながら、早朝の連絡網を心待ちにしてました(笑
[PR]
by oka-nari | 2004-10-08 09:25 | diary

モノより思い出

昨年からTVCMで放映されてる日産のセレナ

モノより思い出」をコンセプトに売り出されているわけですが、
最近のCMに「本物の黄色は街にはない」というテロップが流されて、
例えば、電車の車体が黄色だとか、風景が一面の菜の花畑だとか、
そういうテーマカラーに統一されたCMシリーズがあります。
現在は、「黄」と「赤」の2バージョンです。

なぜ、このCMを取り上げるかというと、撮影場所の殆どが地元・鹿児島だからです。
しかも、かなり近所だったりする訳で、恐らく自宅から車で30分くらいだと思います。

CMの詳細が記憶にない方には申し訳ないですが、少しだけお付き合いください。

例の二両編成の電車ですが、
「なのはな号」といって、JR指宿・枕崎線の主力車両です。
CMに一瞬ですが、ローマ字で車体に「NANOHANA」のロゴが確認出来ます。

私は、中高時代の通学に利用していたので、とても懐かしい思いがします。
今でも、最寄の「坂之上駅」から市街地まで外出する場合、「なのはな号」に乗車します。

あの車両は中学2年生の頃に配備されたと記憶していますが、
市街地から程遠いド田舎に住む私にとっては、まさに「都会的」な象徴そのものでした(笑

車内にそれまでの回転式扇風機がなく、冷暖房完備だったのが衝撃的で、
しかも、窓ガラスが非開閉式でとても綺麗だと感じたことを、今でも鮮明に憶えています。

ちなみに、菜の花畑は薩摩半島の錦江湾岸地帯で多く見られ、
毎年、地元民放の主催か何かで「なのはなマラソン」なるイベントが催されています。


社会学部の学生としては、「モノより思い出」という宣伝コピーは、
消費文化の変遷において、新たな局面の到来を示唆しているのではと思うのですが、
消費者としては純粋な気持ちで同感だったりします。
そうしたバランス感覚の大切さを考えさせてくれるCMでもあり気に入ってます。
[PR]
by oka-nari | 2004-10-05 01:33 | diary

睡眠時間

私は徹夜が苦手な人間です。

徹夜をすると、目が充血するわ、隈は際立つわ、顔色は青くなるわ、
まぁ、まず一発でバレます。明らかに不健康に映ってしまうのです。
そして、なぜだか左目が疼きます。

なので、どんなに遅くなっても(例えば32時とか)、必ず寝ます。
よって、この投稿後、どんなに日が昇ろうと寝ます(ただ今、AM6:30)

さてさて、今日の睡眠時間は15時間でした。
前夜から雨がぱらついていたようだし、気温もぐっと下がっていたし、日曜だったし…
一足先に「冬眠モード」はいってました(笑

起きたのは夕方の18時…もはや、これから何をしろと?と自問するしかありません。
仕方がないので、立川のエクセルシオールで読書してました。
ほんのちょびっと肌寒かったので、
半年ぶりに「shortサイズのhotカプチーノ」(←バイト用語っぽい)を注文。

エクセ店内の黄色い白熱灯の微光が、いつもよりなんだか温かに感じました。
[PR]
by oka-nari | 2004-10-04 06:20 | diary